笠の絵の陶片 その1 修理跡

e0060485_8494496.jpg
e0060485_8545047.jpg
 今回拾った江戸後期の陶片、模様もおもしろいのですが、修理跡があるんです。左側にも小さな跡があるのがわかりますでしょうか。かなり大きな修復をしていたようです。ガラス質の材料を使って接着したそうです。焼き継ぎと言います。よく注意していると、時たま、そんな陶片に出会うことがあります。 使い捨てに慣れた現代人の目にはショックに近い驚きではないでしょうか。ここに質の違う文明が存在した・・・そんな感じです。
e0060485_855204.jpg
e0060485_8553314.jpg
 こちらは以前エマさんから頂いた鎌倉の陶片ですが、参考のために載せました。今回の陶片、二箇所に修理跡がありますから、たぶん、このお皿のように大きく割れてしまったのを継いだのかもしれません。

次回はこの陶片の元の姿と模様についてです。
[PR]
by touhen03 | 2009-06-02 09:01 |