慰問絵葉書・愛国乙女 その1

e0060485_012490.jpg
 「わがものならぬ君ゆへに 恋しさいとどまさるなり 日ぐれともなれは巣に帰る 小鳥のごとき君ゆへに」 ロマンチックな詩とともに、中原淳一ならぬ、淳子さんが描いた、愛らしい絵葉書。
e0060485_017058.jpg
 「秋の夕の 涼風は 恋の娘の 嘆息を そっと運んで 過ぎてゆく」こちらもなかなか乙女チックですね。
e0060485_049889.jpg
 実はこれ、慰問絵葉書なんです。袋入りで8枚入ってました。欠品があるかどうかは不明です。戦地の兵隊さんたち、こんな葉書を貰うこともあったのでしょうね。
e0060485_0493562.jpg
 袋の裏に公定価格の札がついてます。つまり昭和14年の物価統制令以降の絵葉書ということになります。ホンモノの中原淳一さんの絵は戦争が激しくなるにつれて軍部に睨まれ、少女雑誌から消えたそうですから、この淳子さん絵葉書も昭和14~15年頃のものなのかもしれません。
[PR]
by touhen03 | 2009-08-01 00:31 | 骨董市・ガラクタ