原爆ドーム下干潟の陶片

 再び原爆ドーム下で拾った陶片に戻ります。(^^ゞ 戦時中の陶片がけっこう出ていましたが、一つ一つは小さな破片だったので、もっと保存状態の良いものと一緒に写真を撮ってみました。
e0060485_22483498.jpg
e0060485_2249447.jpg
 これはレートクレームの蓋。元々は金属の蓋だったのが戦時中の金属不足で陶製になったものか。LAITという文字が見えます。少し大きめの方は私が鎌倉の海岸で拾ったものです。

e0060485_22523782.jpg
e0060485_2253070.jpg
 これも容器の蓋。戦時中の金属代用品でしょう。完品は似島で拾ったものです。

e0060485_22542139.jpg
e0060485_22553094.jpg
 右端がドーム下の干潟で拾ったものです。小さな破片ですが焼きは良いようです。縁の釉も剥いでありますし、たぶん防衛食容器の一部の可能性が高いかと思います。

e0060485_2304417.jpg
e0060485_231193.jpg
 統制番号「岐?24」の碗。バラバラに離れて出てきましたが、ピッタリ合いました。


見たものブログ」もどうぞ。原爆ドーム横、相生橋下の干潟です。陶片はあまりありませんでした。
[PR]
by touhen03 | 2009-08-16 23:01 | 広島市内の川