宝の山 その1 染付&青磁

e0060485_23341270.jpg
e0060485_23343442.jpg
 江戸染付と青磁がこの程度集まると、やはり美しいです。近代モノはどうしてああも醜いのだろう・・・とふと感じてしまいます。古い陶片というものは美しいなあ・・・ただもう、それだけです。もちろん、その近代陶片だって、それはそれでおもしろかったり、楽しかったり、やはり美しかったりするのですけどね。でも昔の宮島陶片と比べると小片が多くなりました。半分欠け、1/3欠け程度はぞろぞろだったのに。

この日は実によく潮が引いてました。→管弦祭の日の大鳥居の干潟
[PR]
by touhen03 | 2009-08-24 23:37 | 宮島