宝の山 その2 青磁染付碗

e0060485_2342330.jpg
e0060485_2345058.jpg
 外側に青磁釉、内側には四方襷(よもだすき)と呼ばれる縁の模様と、見込みの五弁花。このタイプの青磁染付碗と蓋を、いったい今まで幾つ拾っただろう。それでも見つける度にうれしい。たくさん出てくるところを見ると、青磁とはいってもかなり庶民的なモノだったらしい。たいていは上の写真左側のように鈍い色をしていることが多いけれども、ときどき美しい発色のものにも出会います。今回拾った右側の蓋はその一つです。
e0060485_2320496.jpg
e0060485_23202380.jpg
 鎌倉の材木座あたりからで出る中国青磁片と比べたって、そう遜色ないほどの美しい色だと思います。


見たものブログ→厳島神社の床下から這い出してきた鹿
[PR]
by touhen03 | 2009-08-25 23:24 | 宮島