秋の似島

e0060485_2359267.jpg
e0060485_23594342.jpg
 半年ぶりにやってきました、似島。広島湾に浮かぶこの小島は毎年春に訪れて、山のように陶片を持ち帰る場所です。
e0060485_043555.jpg
e0060485_055079.jpg
 今回もこんな状態でした。場所によってはぶどうパンの中の干しぶどうみたいに陶片が練りこまれているんですからウハウハです。ここの問題は体調管理なんです。これをぜんぶスクワットやりながら拾っていたら、確実に腰や膝にきて、次の日動けなくなります。それでいつもは傘の先で陶片をひっくり返しているのですが、今回は100円コーナーで買った杖を持参しました。しかし陶片をひっくり返すには傘の方が良いことがわかりました。杖って滑らないんです。(そりゃ、滑ったら困りますが)傘の先のようにうまく陶片を掬い上げてくれません。すぐに手と腕が痛くなりました。今も痛いです。(T_T) それで途中から杖は本来の目的で使うことにしましたら、これは腰と膝には良かったらしく、おかげでそちらはピンピンしています。 
e0060485_0404460.jpg
 宮島や鞆ほど古いものは出ませんが、近代陶片の質は良いです。何回かに分けてお届けします。
[PR]
by touhen03 | 2009-09-20 00:04 | 似島