近代目跡と近代五弁花

e0060485_836354.jpg
e0060485_837862.jpg
 あきらかに近代モノですが、窯で重ね焼きした時の小さな丸い傷跡、目跡があります。右側の銅版転写皿は高台や裏の感じなども砥部産によくあるタイプです。砥部では他の大産地が既にこの方法で量産しなくなった大正時代以降も目跡や蛇の目釉剥ぎのある食器を作っていました。
e0060485_8374153.jpg
e0060485_840413.jpg
 こちらは昭和のゴム印皿ですが、五弁花があります。昭和のある時期、レトロ趣味といいますか、復古調の模様が流行したようで、近代になって姿を消していた五弁花もゴム印皿ではときどき見かけます。

今回の似島では、こんな地味ですがおもしろいモノも出ました。
[PR]
by touhen03 | 2009-10-01 08:36 | 似島