宮島2011.5月の陶片・唐津、すり鉢、素焼きの器など

e0060485_836347.jpg

e0060485_8364930.jpg

 やはり宮島と感じさせてくれるのがこれら、近代以前の古い土モノです。上段左端は刷毛目の鉢でこれは宮島ではけっこう出ています。その隣も刷毛目の唐津でしょう、これは何の器だったのか。右端は時代もちょっとよくわかりませんが、とりあえず一緒に写してしまいました。その隣はたぶん唐津かなと思うのですが自信はないです。下段右端の黒い焼き物、これも宮島で繰り返し出てくる日常雑器らしきものです。触ってみると柔らかいざらざらした質感です。

e0060485_821532.jpg

e0060485_840559.jpg

 下段左2つはすり鉢ですが、左端のは底部分からあまり離れていない場所にひょっとしたらこの先すぐに縁?と思えるような隆起があります。底の直径もあまり大きくはないです。櫛目も終わっています。

e0060485_8412891.jpg

 底には別の櫛目の痕跡があります。底から放射状に櫛目が出ているのではなく、底の部分だけ独立した櫛目になっていたようです。昔のすり鉢によくあるパターンです。底の櫛目部分の面積が小さいらしいことから考えても、このすり鉢はかなり小さなサイズだったのかもしれません。外側に縁は残っていないので自信がないのですけれど。
[PR]
by touhen03 | 2011-05-27 08:37 | 宮島