戦時中の湯呑

e0060485_862654.jpg
e0060485_865842.jpg
e0060485_871040.jpg
似島で拾った、小さな破片の隣組という文字。これはきっと戦時中だ!一目見てドキッとしました。文字だけでなく、破片の色、釉の掛かり具合、実用一点張り風の、ちょっとそっけない感じに、その時代のニオイがあります。モノは小さくても、これはと直感が働くものは拾っておくべきです。後でおもしろいからです。この小片の場合、「昭和生活なつかし図鑑」(コロナ・ブックス 平凡社)などに、同じものが載っていました。隣組の歌詞入りの湯呑です。まったく同じものかどうかはわかりません。模様にバリエーションがあるかもしれません。破片のカーブから見て、覗き猪口のような小さくて縦長のタイプではないと思います。湯呑であることは、たぶん間違いないでしょう。私が描いたヘタクソな復元図を見てください。たかが数センチの破片ですが、たくさんの情報を持っています。
[PR]
by touhen03 | 2005-10-25 08:12 | 陶片コレクション