大竹市玖波・唐船浜の陶片 その2

e0060485_6542835.jpg

e0060485_656164.jpg

 型紙摺りタイプの印判です。ここはかなり保存状態の良いものがでるようです。何度か通っていれば、おもしろい図柄の大きな破片と出会えるかも。運が良ければ完品が出るかもしれませんね。上段左から2つ目は小さな破片ですが隣の小皿と同じもののようです。この二つ、表に蛇の目釉剥ぎこそありませんが、裏の雰囲気が砥部産の小皿にわりとよくあるタイプです。ふつう型紙摺りはおもに明治時代に作られたのですが、もしそうなら、これは大正~昭和のものかもしれません。砥部では中国や東南アジアに安価な食器を輸出していたため、かなり後まで型紙摺りを作っていて、その一部が地理的に近い広島にはかなり入ってきていたようです。ひょっとしたら砥部皿か?そういえば模様も余白が多いですね。食器の他に、段重(下段右端)も拾えました。蓋物で3段重ねくらいの場合が多いです。


「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2012-11-06 06:53 | 県内の海岸と川