昭和15年の宝塚・大分公演のカード

e0060485_23491988.jpg

e0060485_23515156.jpg

 今月初めの瀬野川フリマで見つけたものの一つがこれ。葉書サイズですが裏は無地の白です。宛名面の印刷が消えてしまったのか、それとももともと絵カードだったのか判りません。寳塚少女歌劇大分公演の演目が書かれていますが、皇紀2600年奉祝藝能祭レヴュウとありますから昭和15年です。この頃の印刷物を買っているうちに、昭和戦前なら皇紀ですぐに年代がピンとくるようになってしまいました。(^^ゞ 「すめらみくに」なんて題がいかにも15年です。宝塚の雑誌「歌劇」の昭和14年5月と昭和15年5月を持っていますが、たった一年で雑誌の内容がずいぶん違うんですよ。14年にはあまり目立たなかった戦時色が15年の方は露骨に出ています。従軍看護婦姿の劇とか、慰問袋とか。トップスターが戦車と写ってたり、軍人との座談会が載っていたり、生き残りに必死だったようです。

 カードの左下の広告、ノルモザン錠は武田薬品工業(当時は武田長兵衛商店)が売っていた胃腸薬です。なぜか宝塚と薬の宣伝の組み合わせ、けっこうよくあったようで、私が持っている戦後まもない頃の宝塚のチケットの袋にも虫下しの広告が入ってます。(^◇^)


「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-19 23:21 | 骨董市・ガラクタ