飛渡瀬の河口 旧海軍・錨のマーク入り陶片

e0060485_17230100.jpg

 銅版転写皿がすぐに目に入りました。数も多いのですが、型紙摺りや銅版転写の陶片が多く、細かい破片は拾わなかったものもあります。

e0060485_17243080.jpg

e0060485_8571279.jpg

e0060485_17245173.jpg

e0060485_17253617.jpg

 そして出ました。旧海軍錨のマーク付き!大きなものではありません。湯呑かな。※ 土地の歴史とは正直なもんです。陸軍の倉庫と桟橋があった似島の長浜海岸からは旧陸軍星のマーク付き陶片が幾つも出ていますが、地下に海軍の重油貯蔵タンクのあった、ここ飛渡瀬から出たのはやはり錨のマークでした。残念ながら、見つけた瞬間の現場写真はありません。すっかり忘れてしまっていたのです。

※ 湯呑と書きましたが、ちょっと自信がありません。小さい割には頑丈な感じですが、軍隊モノの湯呑はけっこう口のあたりまで分厚かったりしますので、湯呑かなあ・・・と思いましたが、蓋の可能性があるかも。ひょっとして飯茶碗の蓋?変な手がうっとうしいので撮り直そうかと思いましたが、サイズが一応わかるので小さめにして添付しました。(^^ゞ

「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/ 
[PR]
by touhen03 | 2013-05-26 15:29 | 広島の島