原川・梅迫川河口 陶片 その2

e0060485_2350155.jpg

e0060485_23515713.jpg

 型紙摺りタイプです。このタイプが量産食器の主力であったのは明治ですが、砥部では大正以降、昭和になっても作っています。広島は地理的に近いためか、砥部の混入率が多いようですが区別するのは難しいようです。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-08-18 23:51 | 広島の島