代用品の分銅 その1

e0060485_8334955.jpg

 もう10年くらい前に頂いた戦時代用品の陶製分銅です。統制番号はありません。

e0060485_8505851.jpg

 こちらは会社近くの骨董屋さんで買った分銅。これが本来の姿です。

e0060485_8361830.jpg

e0060485_83751100.jpg

 この陶製分銅の瓦に千って字、これキロだそうです。するってえと、一番デカイのが貮拾五・・・えーっ、25キロ!?まさか、いくらなんでもそんなに重いわけないでしょ。台所の小さな秤でだいたい量ってみましたけど、一番大きいのから、1.5k、420g、300gでした。そういえば金属製のものも4貫と記されています。1貫は3.75kだそうですから×4=15kってことになりますが、実際には950g この数字って錘自体の重さではないのですね。もしかしたら常識なのかもしれませんが、こうゆうもので重さを量ったことがないもんで・・・けっこう悩みました。

e0060485_8455447.jpg

 底はこんな感じです。裏側は・・・実は次回のネタです。ふふふ



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-09-29 08:32 | 骨董市・ガラクタ