100円で買った日露戦争の漆塗り盃

e0060485_812361.jpg

 骨董市に出かけても何も見つからない日は、わくわくの反動で侘しいものです。これはそんな日に100円で買った日露戦争の盃です。除隊の時配った盃は市にたくさん出ていて、陶磁器でもないし、これだけなら実は100円でも買わなかったのですが・・・

e0060485_8232068.jpg

e0060485_8255447.jpg

 裏にこんな文字が入っていたのです。浅野長勲といえば、広島藩12代藩主。最後のお殿様です。ま、100円だし・・・と、とりあえず買いました。

 兵隊盃には配った人らしい名前が書かれていることもあります。それでは最後のお殿様は日露戦争に従軍したのかしらん。しかし調べてみると長勲さんは1842年生まれでした。昭和の時代まで長生きされたようですが、日露戦争の時は還暦を過ぎておられます。幾らなんでもこれはないですよね。ではこれ、なんでしょうね。誰かの凱旋を長勲さんが祝ったのでしょうか。あまり真面目に調べていなくて申し訳ないのですが、何かお判りの方教えてくださいませ。 



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-10-09 08:12 | 骨董市・ガラクタ