海軍イカリマーク付き陶製水筒 ※追記あり

e0060485_2342431.jpg

 横須賀の文字入り、海軍の錨マーク付き陶製水筒です。去年、骨董&アンティークin廣島で買ったもの。

e0060485_23304792.jpg

 統制番号「瀬828」入り。胴の部分に修繕した跡があります。いっそ割れたままにしておいてくれたら、内部の様子もわかって良かったのですけど。それだと売れないかな、普通・・・ 金属製の水筒と形も似ています。重たいし、割れるし、使いではともかく、姿は代用品のこちらの方が美しい気がします。金属にはない、ぽってりとした豊かな体。「戦時下の白磁」と名をつけたいような姿。陶製代用品の口のスクリューの部分も私は好きです。ただ修繕部分が醜いです。割れたままならもっと美しかったと思います。

e0060485_23583469.jpg

e0060485_00791.jpg


※追記
 この記事、迷いながら書いてました。錨のマークがなんとなく違和感があるんです。でも気のせいかも。丁寧に印刷してあるだけかも。説明のつかない感じを書いても仕方ないし、言ってみたとたん、今度は単に疑心暗鬼という気もします。骨董市って、どこかにいかがわしさも漂っていましてね。健康的な海岸陶片と違い、骨董市の陶磁器は根性曲りで、なんていうか、育ちが悪い・・・気がするんです。清浄な水と砂の環境で過ごした陶片(実際は、ずるずる、どろどろのヘドロ干潟だったりしますが)が一番という偏見が陶片狂にはあるようですから、この陶製水筒もいい迷惑かもしれません。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/






[PR]
by touhen03 | 2014-01-12 23:03 | 骨董市・ガラクタ