日本占領地の神社・忠魂碑・記念碑 その1

e0060485_21102124.jpg

e0060485_21464613.jpg

 これまで何回かブログにアップした大日本国防婦人会には中国の大連にも支部があり、「大日本國防婦人會員必携」には、大連支部での講演記録も載っていました。その中に「満州の何處を歩いても亦飛行機に乗らうが汽車に乗らうが何處でも至る所、天を衝くやうな巍然として立って居る忠魂碑があり、忠霊塔があり、又満州は荒漠たる平野とは申しまするけれども長い間旅をして居りますと矢張り目に付くのはその荒漠たる原野に寂しく立って居る、戦死者の墓標、或は諸所に立てられたる忠魂碑、或は招魂社の数多いことであります」という箇所がありました。当時日本の占領地では、その手のものが多数建てられていたのだなあと思いながら読んでいて、そういえば絵葉書にも幾らかあったはずと探してみたら、けっこう持っていました。「旅順白玉山々上之日本忠魂堂」と「二〇三高地山上の紀念碑」もその一つです。二〇三高地は旅順にある丘陵で、日露戦争の激戦地として有名ですね。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-03-23 20:49 | 骨董市・ガラクタ