瀬戸田町御寺の干潟 再び その2

e0060485_16594224.jpg

 東側も西側と同じコンクリート製の堤防が続きます。

e0060485_1719519.jpg

 でも、すぐにくらわんか皿の破片が見つかります。特に陶片密度が濃いわけではないのですが、満潮線から波打際まで、広い範囲に、比較的等間隔で陶片が散らばっています。河口を挟んで東側の方が広いので陶片の数に差があるのは当たり前ですが、それを考えても、やはりこちらが多い。

e0060485_17231010.jpg

 これも、右側は江戸後期の染付八角形鉢の縁の部分。もう一つは近代っぽいですが、色絵の碗か鉢。ぞくぞくするようなものがすぐ出迎えてくれました。陶片の数だけでなく、古い陶片が多く、干潟の陶片全体における持ち帰り率が高いのです。これが御寺の干潟東側の魅力でしょうね。

e0060485_17402378.jpg

 半月前に一度拾ったにもかかわらず、これだけ出ました。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-09-01 17:00 | 広島の島