隣組の湯呑に似ている?

e0060485_232137100.jpg

 下の記事にも載せた銅版転写の湯呑の破片をアップで取り上げてみました。なんだかこれ、「隣組の湯呑」に雰囲気が似ている気するんですけど、どうでしょうね。隣組の湯呑とは、とんとんとからりと隣組~♪という戦時下の歌とイラストが描かれた湯呑のことで、私も統制番号付きのものを骨董屋さんで買っていますし、海岸からも小片を拾っています。「意見を述べて決まったことは・・・」という部分がちょっと戦時下にしては妙でしょうか?身近な実際的なことを決める場合でも当時この表現使わなかったでしょうか?この手の細かい感覚、どうしても解りにくいです。もしかしたら戦後まもなく、「占領下の民主主義」がテーマだったりして・・・この湯呑の完品を見てみたいものです。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-09-07 06:41 | 広島の島