住吉神社~十一面観音堂の干潟の陶片 その1

e0060485_12403789.jpg

e0060485_1242251.jpg

 住吉神社と十一面観音堂周辺の干潟から出た陶片です。まず比較的古いもの。江戸中期くらいから幕末か、明治になっているか微妙な時期のものまで。

 上段左端は陶胎染付、その隣もくらわんか碗。その右は以前の記事で取り上げた青磁染付碗。そして右端ですけど、これ仏花瓶の口の部分だと思います。これは後にもう少し詳しく取り上げます。上段は18世紀くらい。(仏花瓶は口部分だけですし、ちょっと言い切っていいかどうか?)ま、広島で出てくるものとしては比較的古いグループだと思います。

 中段、左端の見込の図案に似たタイプ、今までに幾らか拾っています。これも後ほど。18~19世紀か。残りの陶片は19世紀モノ。中断右端は紅皿だと思います。 紅皿としては大き目サイズ。縁に染付の口紅皿によくあるような簡略な模様がありますが、これは鉄釉ですね。

 下段左端は、見込の模様の雰囲気から幕末の瀬戸・美濃系湯呑かも。後の二つは呉須の色が少し気になりましたが、取りあえずここに分類。

 紅皿としてご紹介しましたが、盃ではとうご指摘がありました。確かに今まで拾ったこのタイプと比べてもサイズが大きく、やや深めです。盃なのかもしれません。調べてみます。m(__)m


「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-09-17 22:03 | 広島の島