追悼:添田征止さん 岡垣浜の漂着陶磁器コレクション

e0060485_16402919.jpg

e0060485_1733766.jpg

 今月19日、陶片拾いの大先輩である添田征止さんが亡くなられました。かつてビーチコーミングの情報が今ほど多くなかった頃、ビーチコーマーの集会所だったYAMADAさんの「海辺の散歩」。そこにあった掲示板で、浜辺の達人さんという名前を憶えている方もおられるのではないでしょうか。添田さんは昭和13年生れ。福岡県遠賀郡岡垣町の岡垣浜で30年以上にわたって漂着陶磁器、陶片を採集、研究されました。写真は平成22年 有田町歴史民俗資料館企画展「海揚がりの肥前陶磁ー海に残された有田焼ー」の展示品で、添田さんが拾われた陶片のごく一部です。

 江戸時代、国内向けの陶磁器は、伊万里港からこの地域を通って、船で日本各地に運ばれていったそうです。その中には嵐にあって沈没した船もありました。その陶磁器が今も海底に眠っていて、北九州の海岸に漂着するのです。近年はあまり寄らなくなったそうですが、岡垣町の広い松林の向こうに広がる海岸にはとくに漂着が多く、添田さんは毎日毎日、長い年月をかけてこつこつ採集されました。船の積荷だったものですから、中には無傷で打ち揚げられるものもあり、完形品だけでもそうとうな数のコレクションでしたが、陶片は数万点にものぼるものだそうで、以前、ご自宅に伺った時の驚きは今も忘れられません。添田さんの場合、家の中に陶片があるのではなく、陶片の中に家があるような感じでした。どうしても入りきらない陶片はお庭の藤棚の下に箱に入れて積んでおられたものでした。今、それらのコレクションは、一部を除き、有田町歴史民俗資料館で保存されています。

e0060485_17515215.jpg

 有田町歴史民俗資料館では平成21、22年の2回、漂着陶磁器関係の企画展がありましたが、そのどちらも膨大な添田コレクションが展示されました。写真は平成21年企画展「海揚がりの有田焼ー筑前岡垣浜を中心にー」の図録です。

 添田さんは沈没船の陶磁器という、雄大なロマンあふれる世界を追いかけた人でした。私は陶片を拾い始めた平成8年に有田町の九州陶磁文化館へ行き、拾った陶片を見てもらいました。その時初めて添田征止さんの名前を知りました。それから数年の間、まだパソコンを持たず、一人っきりで拾い続けていた私にとって、添田さんは、この世で唯一存在を知っている同好の人、偉大な先輩でした。陶片を拾っていたら、いつか出会えるだろうか・・・そう思っていたのを覚えています。その後、ほんとうにお会いすることとなり、以後交流を続けさせていただきました。平成22年の展示では、私のコレクションも一緒に展示させていただくことになり、今となっては良い思い出となりました。

 沈没船のお宝に対して、私の陶片は昔の人の捨てた生活ゴミ。同じ陶片でも、その背景にあるものは違います。集めた数も添田さんのコレクションの膨大さは桁外れですが、それでも陶片の夢を共有した方が亡くなられたことは淋しい限りです。ご冥福をお祈りします。

 30年間、海の底からのメッセージを受け取り、漂着陶磁器・陶片を拾い続けられた添田さん。思う存分採集することができて、さぞ楽しかっただろうと思います。
[PR]
by touhen03 | 2015-01-31 14:41 | その他