原爆ドーム下の干潟 防衛食容器・統制番号入りなど

e0060485_0301957.jpg

e0060485_0303931.jpg

 上段左3つは防衛食容器。陶製の缶詰容器で戦時下の金属代用品です。左から3つ目は底です。茶色の小さな丸い円が見えますから有田かなあ。上段右2つは戦時下の統制番号入り。どちらも数字が読みにくくて、右端は「岐7●」、その隣は「岐1●●」、これは湯呑でしょうか。ひょっとしたら容器の底かもしれませんが、それにしては釉が丁寧な気もします。

 下段左端は電熱器の一部。その隣は陶製フック、そして残りは国民食器です。

 原爆ドーム下は、今回、江戸陶片と昭和モノがよく出ました。
[PR]
by touhen03 | 2015-02-20 20:00 | 広島市内の川