原爆ドーム下の干潟 今回の陶片てんこ盛り

e0060485_23381544.jpg

 今回の元安川、原爆ドーム下の干潟の陶片は計40個。その内訳は

江戸時代、あるいは江戸時代の可能性のある染付・青磁13
古いすり鉢2、明治の手描き鉢1、銅版転写皿3
砥部産の可能性の高い、近代蛇の目釉剥ぎ・近代目跡付き2
防衛食容器3、統制番号入り2、統制番号入りかもしれない子供茶碗1、
国民食器3、深川製磁製の碗1と桜花柄の小片2
昭和っぽい吹き墨富士山柄の皿1、ゴム印タイプ2、
電熱器の一部1、陶製フック1、その他近代モノ2

 どんな場所でも顔を出す型紙摺り陶片が今回はありません。実はまったく無かったわけではなく、数センチの破片なら幾らか見ましたが、柄も珍しいものではなかったので拾いませんでした。江戸モノと、昭和っぽい陶片が多いという、ちょっと変わった構成です。
[PR]
by touhen03 | 2015-02-22 09:38 | 広島市内の川