原爆ドーム下の干潟再び 江戸陶片・保命酒容器など

e0060485_8431934.jpg

e0060485_849287.jpg

 再び原爆ドーム下の干潟で拾ってきた成果はというと・・・今回は用事のついでで時間もありませんでしたし、潮の状態も良くありませんでしたから、てんこ盛りというわけにはいきませんでした。

 上段は右端が前回の記事で紹介した謎の陶片で、残りは江戸陶片か、その可能性の高いもの。左端の蛸唐草はたぶん瓶の一部で、その隣は段重。白粉などを入れた蓋付の容器で、縁に釉を剥いだ痕があります。その隣2つは19世紀っぽい江戸モノ碗か。

 下段左は古いすり鉢。ざっと洗ったところで写したのでまだ汚れがしっかり残っています。右側の容器は福山市鞆の干潟から山ほど出てくる戦前の保命酒容器とそっくりです。底の周囲が面取りされています。これが特徴なんです。備前ではこの面取り、あまり多くないそうです。興味を持って、見つけたら拾っています。
[PR]
by touhen03 | 2015-03-07 08:41 | 広島市内の川