黒瀬川の戦時下白磁

e0060485_740971.jpg

e0060485_812498.jpg

e0060485_8273265.jpg

 戦時下の陶製壜。ウテナの化粧品容器です。統制番号はありませんから、以前、骨董市で入手したものより古いタイプだと思います。本来ガラス壜だったものを陶製にした代用品ですが、とろっとした姿、白すぎない色、スクリューの部分の造形など、本来のガラスより美しいのではと思えることも多くて、戦時下の白磁と勝手に名付けています。お皿や碗が完品で出ることは滅多にありませんが、これらの容器は使い捨てですので、ときどきころんと無傷で出てきます。もっともこれは多少のキズがありますけれど、私の感覚では立派に完品です。(^◇^)v
[PR]
by touhen03 | 2015-04-23 22:44 | 呉線沿岸