向島の陶片 その1

e0060485_839539.jpg

e0060485_8452684.jpg

 向島の干潟は歩いてみると、古い陶片がけっこう見つかりました。これは17~19世紀の江戸陶片です。

 上段左端は前の記事にアップした砂目跡付きの唐津。17世紀前半くらいか。その隣はくらわんか皿の小片。その右隣の染付碗には五弁花があります。この二つと、たぶん右端も18世紀。

 下段左端は18~19世紀か。その隣は線描きタイプの小皿。裏は簡略化された唐草模様になってますね。右端は小碗の蓋。これらは19世紀。

 目立った陶片溜りがないにもかかわらず、江戸モノがこんなに出たことに注目しています。この干潟に関して有難い情報もあり、タイミングをよく考えて拾ってみようと思っています。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-16 08:46 | 広島の島