向島・富浜の陶片 てんこ盛り

e0060485_84342.jpg

e0060485_8435494.jpg

 尾道市向島、富浜地区(備後造船横)の小さな干潟から出た陶片、恒例?てんこ盛り!

計39個 内訳は

江戸時代(18世紀~幕末)、江戸時代の可能性があるもの 8、
型紙摺り 10、銅版転写 8、
軍隊用食器 1、統制番号入り 1、
その他の近代モノ食器 4、近代モノ容器 3、
碍子、ローゼット、フック、沈子 4

 特徴としては、江戸中期~昭和までバランスよく出ています。江戸時代もそこそこあり、幕末に近いものが多いですが、18世紀モノもありますので、また拾ってみたら、何が出るか楽しみな気がします。近代モノ食器の中に砥部産の可能性が高いものが4個混じっていました。軍隊用らしい食器が出ていますが、国民食器は出ませんでした。わりと注意して見ていますので、今回は小片もなかったと思います。

 陶片密度は極めて高かったのですが、昭和のもの、戦後のものの割合も高くて、思ったほどは拾えませんでした。ただし、今回は別の場所でも拾う予定でしたので、いつもより雑な探し方となったかもしれません。すごいモノ見逃していたりして・・・(>_<)

それでは次回は、再び向島の別の場所へ移ります。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-28 22:43 | 広島の島