向島・江尻川河口のドブ干潟で陶片拾い その2

e0060485_924104.jpg

 階段を下りてみました。陶片をたっぷり抱えていそうな素晴らしい雰囲気の川です。

e0060485_9293861.jpg

 川の底は石がごろごろして、固そうな場所もあるのですが、このあたりには陶片はありませんでした。目的の場所へ行くためには、しっかりした土が続いていてくれないと困ります。

e0060485_824091.jpg

 干潟の土は目で見ただけで、ある程度歩けるかどうかわかります。小石や砂利のある場所、茶色の土なら最高ですが、泥の場合でも、写真の青丸のような場所は歩けます。まわりの黒っぽい部分だと、ゴム長靴がめり込んでしまいます。うっかり両足を取られるとセメントで固められたように動けなくなる恐れがあります。万一足がめり込んでも抜くことができるよう、必ず片足は大丈夫な場所に置いたまま、歩を進めます。

 水の流れている場所は歩ける場合が多いのですが、そこへ行くまでの狭い範囲が黒いふわふわの泥で囲まれていて歩けません。諦めきれずに、念のためそっと片足を置いてみましたが、やはりズブズブめり込みます。ダメです。最初の写真の橋のある辺りまでたどり着くことができません。川岸から見えた陶片を拾ってから、河口の干潟へ行くという方針は諦めました。

 干潟へ直接行って、まずそこで拾ってから、川の陶片のある場所へたどり着くことにしましたが・・・
[PR]
by touhen03 | 2015-05-30 08:23 | 広島の島