海老地区の干潟の陶片 その2

e0060485_2235119.jpg

e0060485_22351797.jpg

 いろいろな時代の土器や陶器類を集めました。上段、土器の小片3つは時代用途不明。右端の大きな破片は底に穴があります。植木鉢か蛸壷でしょうね。中段左端はすり鉢の見込部分。櫛目の少ないわりと古いタイプ。ただし、見込部分の櫛目が粗くても、このタイプの周りの櫛目はかなり密なはずです。だいたいレンガ色で、硬い引き締まった感じはしないすり鉢で、広島の海岸や川からはある一定数出てきます。これによく似た明石のすり鉢を資料館で見たことがあります。その隣は灯明具。その右側に斜めに写っているのは鉢か片口の類でしょう。下段2つは漁で使う土製の沈子。
[PR]
by touhen03 | 2015-08-03 22:35 | 県内の海岸と川