広島市内の川の溶けたガラス壜

e0060485_21464543.jpg

 広島市内を流れる天満川で拾った、溶けたガラス壜です。これを拾ったのは原爆の爆心地から1.18キロの広瀬橋に近いあたりでした。

e0060485_23252288.jpg

e0060485_23263626.jpg

 飴のようにぐにゃりと歪み、底の近くは溶けて板状になっています。これが原爆によるものなのか、ひょっとして何かの火災にあったのかはわからないのですけれど。

e0060485_2334788.jpg

e0060485_2344271.jpg

 広瀬橋付近から見た天満川です。岸近くの泥の中には陶片もけっこうあり、こんな場所から下りて拾うことができます。

e0060485_23491353.jpg

e0060485_23494762.jpg

 そして溶けたガラス製品を見つけることがあります。これは最近拾った、壜の底ではないかと思うカケラです。

今日は8月6日。70年前、広島に原爆が投下された日です。
[PR]
by touhen03 | 2015-08-06 00:08 | 広島市内の川