2016年の陶片部屋

e0060485_1733081.jpg

 今日は暖かい日でした。もう春そのもの。わかっていても騙されそうな陽気でした。こんな日に仕事が休みなのは幸せなことです。陶片部屋も網戸にして風を通しました。ついでにちょこっと撮って、久しぶりのネタに。(^^ゞ 元は祖母の部屋でしたから、介護用のベッドや小さな仏壇が今でもそのままです。押入れの中も、祖母の箪笥も今では陶片だらけ。

e0060485_1719171.jpg

 奥の箪笥に掛けてあるレトロな前掛けは、土岐市の陶器材料会社のもの。これ、なかなかカッコイイでしょう?

e0060485_1711373.jpg

 全部で1万個以上あることは確かですが、総数は不明。この冬は数えてみようと思っていましたが、けっこう時間かかりますからね、つい他のことをしてしまい、今も謎のままです。ま、いっか (^◇^)
広島県内の陶片で、数と質、保存状態ともにダントツなのはやはり宮島。今は出なくなりましたけどね。細かいですが、鞆の陶片も数は多いです。近代モノなら似島かな。今年は尾道周辺の地域のものが増えそうです。県外の頂きもの陶片も一角を占めておりますし、産地の川から拾った貴重なものもなんとか収納しております。写真のために引き出しを開けましたら、ちょっと華やかになりましたよ。

e0060485_1741479.jpg

 陶片部屋の入口です。昔はこの部屋で寝ることができましたが、今は無理です。寝相が悪いと陶片を割ってしまいそうですから。部屋の外にも陶片がはみ出しております。祖母の食器棚は陶片の飾り棚となりました。やはり元食器ですのでよく映えます。ここは時々内容を入れ替えて楽しんでいます。

春になると潮が良くなりますからね。日も長くなるし、陶片拾いの血が騒ぎます。
[PR]
by touhen03 | 2016-02-14 14:03 | 陶片コレクション