今回の成果

e0060485_2334129.jpg
今回の有田行きの成果です。この写真を写した時は、まだ1/3は漂白剤入りのバケツの中でした。写真に撮ってみると、けっこうたくさんに見えます。でも窯道具も少ししか拾いませんでしたし、いつもの量の1/3程度かな・・・そのうえ今回は18世紀半ば以降の雑器が多かったです。まあ、こればっかりはその時の運です。有田の観光客は陶磁器好きが多いので、皆が川に入ったらまずいぞと思うのですが、でも、ちょっとくらい見せたいし。へへへ・・・まあ、「海辺の散歩」の共同掲示板あたりだと多少危険かもしれないですが、このブログは滅多に人も来ないし大丈夫でしょう。
e0060485_23141237.jpg
これは1660~90年頃の芙蓉手の皿です。実は、九州陶磁文化館の収蔵品、柴田コレクションの中の一つとほぼ同じものです。周りの模様も、裏の模様も、少しだけ残った部分から同じものだと推定できました。大きさもほぼ同じくらいでした。真ん中にバッタかイナゴのような虫がいます。
e0060485_2320188.jpg
これが裏です。実は収蔵品は銘がありません。そして収蔵品には高台内に丸い線が一本引かれているのですが、私の方にはありません。全?という銘は珍しいそうですが、しかし銘が入っていることはあるそうです。同じタイプの皿には違いないようです。あまり良いモノに恵まれなかった今回の有田行きですが、これ一枚で来た甲斐がありました。
[PR]
by touhen03 | 2006-03-24 23:35 | 県外の海岸と川