鹿老渡の陶片

e0060485_20491567.jpg
鹿老渡はかつて栄えた港で、数年前に来た時は、17世紀頃の、砂目跡(窯での重ね焼きの痕)がついた唐津の陶片を拾っています。期待したのですが、今回はダメでした。陶片そのものが少なく、僅かに江戸陶片が一つ、明治、大正の印判食器の破片や、似島などでたくさん出てくる土瓶の蓋らしいもの、陶製人形、昭和の陶製化粧品容器や緑の縦じまタイプの破片程度でした。
e0060485_2131962.jpg
e0060485_21135232.jpg
もう帰ろうと思った時に見つけました。腰の刀は一本だけですから、お侍ではないのでしょう。時代劇のヒーローっぽい気もします。昭和のものか?
[PR]
by touhen03 | 2006-04-15 21:14 | 広島の島