宮島の土石流 その後

去年2005年9月6日の台風14号は、宮島に土石流の被害をもたらしました。干潟にも河口から大量の泥が流れ込み、分厚い層をなして、宮島水族館の後に広がる部分を覆い尽くしました。干潟は一変し、泥に足を取られて歩くのも大変で、多くの人の記憶から薄れた後も、陶片一つ見つからない状態が何ヶ月も続きましたが、それでも拾いに行くたびに、少しずつ以前の状態に近づいてきました。今では陶片もボツボツ出るようになり、ちょっと見ただけでは被害がわからないくらいになりました。干潟を流れる川の水も以前のように澄んできました。それでも歩いてみたら、以前に比べてずいぶん泥が深いのがわかります。歩いた足の感覚に、自然災害の凄さを感じます。
e0060485_1105518.jpg
e0060485_113072.jpg
今回、この地点から出てきた陶片です。
[PR]
by touhen03 | 2006-05-18 01:16 | 宮島