陶片川流域紀行

e0060485_23461924.jpg
人跡未踏のジャングルの川を丸木舟に乗って下り、やっと人家の見えるあたりにたどり着きました。乾パンやチョコレートなどの非常食料も底をつき、ここ数日は川で獲る小魚だけで飢えを凌いでいましたが、やっと食料を手に入れることができそうです。
e0060485_004741.jpg
このあたりの川岸に生える植物の根元には、陶片魚が棲みついていて、小さな陶片を紐で結わえて、そっと水面近くに垂らせば、うまくやると食いつきます。岸に上がって鍋にして食べると大変美味でした。
e0060485_011369.jpg
写真右の茂みの下には、この川の主かと思うような巨大な陶片魚が潜んでいるようでした。
e0060485_0263836.jpg
丸木舟に乗った私の頭の上を車が・・・(^^ゞ

実は家の近くの小さな川なんですけど、歩いてみると、道の上から見たのとはまるで印象が違います。人間に徹底的に管理された町の中の小川でさえ、ドキッとするような野生があります。腰をかがめて、視線を低くしてみると、人間の目の届かない世界があるんです。今時分は日が長いので、夕方歩くと、ちょっと陰影が濃くて、陶片川の妄想を楽しめます。
e0060485_0324767.jpg
e0060485_1104818.jpg
今日の畑賀川は雨の影響で水嵩があり、いつもの半分くらいしか歩けませんでした。陶片もほんの少しです。江戸陶片9、明治~昭和戦前の印判8、ままごとの器1、ノリタケ1、絵の具のパレットの破片1、昭和の盃1、統制番号入り1、昭和の陶片2、不明2、計26個でした。陶片川などと言いましたが、とくに古いものや珍しいものが出るわけではないし、陶片は多くても、小さな破片が大部分です。でも不思議なことに、宮島で滅多に出ないような素晴らしい陶片を見つけた時の喜びと、この川で、小さな江戸陶片を探し出した時の喜びに、実はそれほどの差がないのです。川の水の中から拾い上げた小さな陶片は、陶片魚の鱗のような気がします。
[PR]
by touhen03 | 2006-05-31 01:11 | 海田町の川