国鉄のマーク入り容器たち

 動輪マークというのでしょうか。このマークのついた陶片を幾らか拾っています。写真上段はすべて似島で、下段は家のそばの川で拾いました。
e0060485_7395730.jpg
e0060485_740754.jpg
 上段左から2つ目の陶片の裏には國鐵購買とあります。継ぎ目は私が接着剤で繋いだ跡です。
 2003年に似島で拾いましたが、3年後に欠けた部分の一部が見つかりました。左端のものも、ちょうど割れた部分に、かすかに青い色が見えます。(まったく同じなら、文字の一部が残っていてもよさそうですが、小さめの文字だったのか、ずれていたのか、まったく違うモノだったのか?)2つとも容器の蓋のようです。 その右隣も同じタイプですが、これはカーブの具合から、蓋ではなさそうです。似島では、このタイプの小片をもう一つ拾っています。家のそばの川で拾った下段左の陶片も同じタイプの器のようですが、小さい割りにカーブが強く、茶碗の破片のように、片方が急に分厚くなっています。上段右端は緑二重線の国民食器で、廣鐵食堂と書かれています。小さめの丼のような形をした器だったのでしょうか。下段右の陶片だけは、動輪マークや文字がゴム印ですが、他は銅版転写のようです。

 これは後に駅弁の容器と判明しました。

e0060485_9203836.jpg
 家のそばの川で拾った陶片2つ。左は上の写真の陶片ですが・・・
e0060485_9205593.jpg
 裏を見てください。どうやら同じものです。もしかしたら廣鐵食堂でしょうか?食の字のバランスが悪いような気もしますけど・・・二つ一緒に出てくれなければ、動輪マークの方は廣の後の字が推定しにくかったですし、右の陶片は国鉄モノと気付かなかったでしょう。運が良かったと思います。
[PR]
by touhen03 | 2006-07-07 09:39 | 陶片コレクション