9月23日の宮島 その2

よく晴れて気持ちの良い日で、海がとてもきれいでした。
e0060485_23485958.jpg
e0060485_23492640.jpg
この日は波打ち際が、小さなガラスか、水晶を撒いたようでした。なんとかこの瞬間を残したくて、何度もカメラのレンズを向けました。(^^ゞ 穏かな広島湾の引き潮時。好きなんです。

e0060485_0193463.jpg
陶片が少なかったので、珍しく陶片以外のビーチコーミングもしてみました。銃の薬きょうの蓋が2つと、鞆以外の広島では初めて、ガラス製石蹴りを拾いました。でも、写真がピンボケなので、これ以上大きなサイズではお見せできません。

貝殻も探してみました。宮島の貝殻は全体に白茶けています。そう美しくもないし、珍しいものもありそうに思えませんでした。それでも目を凝らしながら、貝殻の溜まり場にそって歩いてみました。目の焦点が陶片と違うのか、けっこう疲れました。
e0060485_026052.jpg

ちょっと座り込んで、砂や小石ごと掬ってはふるいました。目立つのは牡蠣やアサリの殻、それにフジツボ。ナミマガシワもたくさんありますが、似島産のものと違って、なぜかあまり美しいものがありません。それでも磯乞食の目を通して、きれいなもの、可愛いヤツ、おもしろい形をした貝だけを選りすぐり、キラキラした宮島産の貝にできないかしらと思いました。
e0060485_0285025.jpg

そして・・・しばらく頑張った成果がこれです。うーん、平凡。でも、まあ、牡蠣の殻だって、チビ牡蠣の時は、殻そのものが生き物みたいで、けっこう可愛いでしょう。
e0060485_0262399.jpg

[PR]
by touhen03 | 2006-09-27 01:00 | 宮島