今年最初の鞆の収穫

さて、あまりたいしたものはなかった今回ですが、数だけはたっぷり拾いました。オードブル風に盛り付けてみました。全部で95個。昭和の陶片が多くて、見方によってはただのゴミですが、しかし、これがけっこう面白いです。付け合せにガラス製石蹴りも盛りました。
e0060485_21571489.jpg
e0060485_22114875.jpg
e0060485_22185438.jpg
上段は18世紀半ば以降の江戸陶片、ただし中央は高台の部分がちょっと近代っぽい気もします??? 中段左の3つは陶製おろし金、右の二つはウイロー・パターン、大きな方はコーヒーカップなのか、取っ手の跡があります。下段左端は型紙摺りタイプの星マーク。星ならすべて陸軍というわけでもないでしょうが気になります。その隣も型紙摺りで、一瞬鉄道マークかと思いましたが、よく見ると違ってました。下段中央は17~18世紀前半くらいの唐津の皿。今回みたいにパッとしない時でも、18世紀半ばのラインより古いものが一応は見つかるんです。その隣、高台内に星にRという文字が入っています。この陶片があるので、この写真サイズを大きめにしました。クリックしてみてください。これはノリタケです。1934~1954年(昭和9~27年)まで使われたマークなんです。模様の部分が残らず残念ですが、微かな痕跡から正体がわかるとうれしいもんです。下段右端はタイル。鞆の古い家にあったものでしょう。
e0060485_22495411.jpg
e0060485_22501825.jpg
これも大きなサイズの写真です。上段は右端が醤油樽、あとは保命酒の容器です。左から二つ目は角瓶タイプ。拾ったのは2度目です。→元の形です。四角な瓶がそれです。この破片のように裏に釉薬がかかっているタイプは比較的新しいものだそうです。以前拾ったものは胴体部分は完全なものでしたから、こうして容器の内側を見ることができてうれしいです。下段は左の3つが統制番号入り陶器です。左から瀬23、瀬593(599の可能性もあり)、有15。瀬戸の二つはいかにも昭和らしいデザイン。有田のは手描きですね。下段右から2番目もよくあるゴム印皿ですが、大福帳の絵があります。右端はオタフクの絵の銅版転写皿。小さな破片ですが楽しい絵です。
[PR]
by touhen03 | 2007-01-18 23:18 |