町内河川敷骨董市 3月

今日は町内の河川敷のガラクタ市を覗いてきました。天気がとても良くて汗ばむほどだったので、出店も多いだろうと期待したのですが、あまりおもしろいものはありませんでした。古い紙モノも無し。でも、1個100円の盃にこんなモノがありました。
e0060485_2184553.jpg
e0060485_21112983.jpg
右の盃の東城は、現在は合併して庄原市になった、かつての広島県比婆郡東城町のことではないかと思います。県北の町です。古松山という東城出身の力士がいたのでしょうか。ちょっと検索したところではわかりませんでした。残念です。左の盃の小奴可村は、昭和30年に合併で東城町になっています。同じ家から出たものかもしれません。それにしても牛馬供養の盃とは、なかなかおもしろいです。検索してみましたら、これは出ました!東城町には重要無形民俗文化財の大仙供養田植というものがあり、牛馬供養も行うそうで、小奴可地区芸能保存会があるそうです。その盃だったようです。

e0060485_21413047.jpg
e0060485_21414757.jpg
こちらも1枚100円でした。許マーク付色絵皿。やはり許マーク付は華やかな色絵ゴム印が多いのですね。
[PR]
by touhen03 | 2007-03-04 21:45 | 骨董市・ガラクタ