「7年目の出会い」再び

 新しい陶片窟作りのため、コレクションの写真を撮ったり、陶片を取り出しては確認したりしていると、副産物といいますか、いろいろ発見がありました。

e0060485_2355146.jpg

 これを見てください。右側の大きな破片は1998年に、左側の小片は2000年に宮島で拾った瀬戸美濃系の飯茶碗です。大きな方は保存状態が飛びぬけて良く、美しかったので、棚に置いて楽しんできました。小片の方は他の瀬戸美濃系の湯呑や盃片と一緒に引き出しにしまっていました。7年間も同じ屋根の下にありながら、うかつにも気が付きませんでしたが、陶片窟作りのために写真を撮ろうとして、この二つが元は一つだったことに気が付きました。

e0060485_23163257.jpg
e0060485_2318275.jpg
 宮島で陶片が集中的に出る場所は幾つかありますが、記録を見てみると、どちらの破片も大鳥居のある干潟の東側の、同じ地点で拾っていました。
[PR]
by touhen03 | 2007-07-08 23:26 | 陶片コレクション