陶枕のパーツ

 9月10日、宮島へ行ってきました。今回は用事があって行ったのですが、帰りに少し干潟を歩いてみました。
e0060485_22225256.jpg
 最近は陶片が減ってきて、久しぶりだというのにたいしたものはありません。仕方なくポイント以外の場所まで足を伸ばしました。遠くに朱の大鳥居が見えます。
e0060485_22264637.jpg
 アサリの稚貝の養殖場です。エイの被害を防ぐために杭をたくさん打っています。こうしておくとエイが入ってこられないんだそうです。
e0060485_22301841.jpg
 厳島神社の周りから、ずっと繋がって広がる大干潟の一番端です。この辺りでは観光客の姿など見たことがありません。
e0060485_22342076.jpg
e0060485_22344129.jpg
 あまり期待はしないで歩いていましたが、足を伸ばしてみるものですね。なんとポンっとこれが転がっていました。生地の白いタイプの肥前系の陶器皿。18世紀前半くらい?縁と高台の両方が残った、わりと保存状態が良いものです。
e0060485_22472362.jpg
e0060485_22492953.jpg
 それと、これ!私も拾いました。最近幾つものブログで話題になっていた陶枕のパーツです。現在売られているものによく似ていますので、あまり古いものではなさそうですが、それでもちょっとうれしいです。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-17 22:51 | 宮島