種子島旅行・宝の島を歩く その3

e0060485_2065412.jpg
 28日の午後歩いた長浜海岸です。黒っぽい土がところどころ混じっています。これは砂鉄です。以前、鎌倉の稲村ガ崎に近いあたりで、チラチラと光った美しい黒い砂浜を見てから、私は砂鉄が好きになりました。北海道でも砂鉄混じりの砂を見つけて大喜びで拾って帰りましたが、ここ種子島の海岸は砂鉄がほんとうに多いのです。いろいろな場所で砂鉄の多く混じった砂を見かけました。鉄砲伝来の島が砂鉄の島だったなんて、おもしろいですね。長浜海岸からはコンビニの袋半分程度掘って持ち帰りました。
e0060485_20242716.jpg
 ソーメンの木箱に入れて乾かしました。真ん中にサンゴと貝殻をあしらって記念撮影です。

 私は旅先で砂鉄混じりの砂を見ると、これからも持ち帰りそうな気がします。持って帰ってどうするのか。たいてい半分くらいは磁石を使って遊びます。でも、砂鉄混じりの砂を砂鉄だけにしてしまうと、意外と味気ないものです。砂鉄混じりの砂の時のドキドキ感が消えてしまいます。砂鉄混じりの砂は庭先で遊ぶ花火のようなものかもしれません。自分で集めた砂鉄を溶かして、ちいさなメダルか何か作れたらなあとも思いますが、古代人も他の金属に比べ製鉄は大変だったようですし、これは難しそうですね。けっきょく集めた砂鉄で妄想に浸るくらいで終わりそうです。
[PR]
by touhen03 | 2007-11-07 20:48 | 県外の海岸と川