古代人はビーチコーマーだった?

e0060485_11113020.jpg
e0060485_11125692.jpg
 私は壊れた貝殻が好きです。人工的に手を入れようとしてもなかなかできない、美しい加工を自然がしてくれていますから。今回面白かったのは壊れイモガイです。右上のイモガイを見てください。見たことのある形!古代人の貝製装身具、妙な形をした腕輪にそっくりではありませんか。私は今まで、古代人のセンスは理解できないなあと思っていました。あの貝製腕輪、窮屈そうだし、美しいと思わなかったのです。でも、あれは自然の造形から生まれたのですね、きっと。左下の小さな穴の開いた形は、巻貝のてっぺんの部分です。広田遺跡から出た首飾りのビーズとしても使われていました。個人的にはイモガイのてっぺんが輪切りになった破片も好きです。まるでバラの花ですね。左端のイモガイや、たぶんマクラガイの縦切りは、スプーンに加工できそうな気がします。私はできませんが・・・
[PR]
by touhen03 | 2007-11-11 12:40 | 県外の海岸と川