府中大川探訪記 その8

e0060485_22224274.jpg
 岸の上から見た場所を、今度は川の中から見ています。距離にして1キロ程度、もう私が登れるような階段はありませんから、川の生き物か漂着物になったような気分です。もっとも、いざとなれば登れそうな場所はありますので不安はありませんでした。登る方が下りるより怖くないんです。

e0060485_22524381.jpg
 こんにちは、ペプシマンさん!
e0060485_2254118.jpg
 時代は判りませんが、美しいプロポーションのガラス瓶、小さな怪人と一円玉は、見つけたからには拾わないわけにはいかないモノです。
e0060485_2258533.jpg
 陶片もこの辺りに集中して出る場所がありました。昭和のモノが中心でしたが、銅版転写の小皿や、ごく小さな江戸陶片も見つけています。
[PR]
by touhen03 | 2007-11-29 23:03 | 広島市内の川