府中大川探訪記 その9

 帰りはどこかで土手をよじ登ろうと思っていたのですが、最後に泥に足を取られたせいか、いっそう臆病になり、とうとう下りた場所まで戻り、また再び川土手を歩いて駅まで向かいました。けっきょく期待したほどの陶片もなく、ゆっくりと川を歩いた半日でした。でも川って、僅かの距離で表情が変わるのが楽しいです。海岸とは違ったおもしろさがあります。

e0060485_2314415.jpg
e0060485_2315132.jpg
 これが今回の収穫です。右上の白い菊花型打ち小皿は一応幕末~明治頃か。その下の青い破片は銅版転写の小鉢、その下の緑色の小皿も銅版転写。真ん中の特に小さな破片二つは江戸時代のもの。残りは昭和の陶片で、国民食器や緑の縦縞タイプとゴム印の食器達。竜の飯茶碗は、ほぼ同じデザインでたくさん流通したようです。今回は小さくても江戸モノが出ているのに、型紙摺りタイプの破片は見つかりませんでした。これは少し意外です。まあ、この程度なら、家の近くの小川でも拾えますが、府中大川産の陶片が新たにコレクションに加わったのはうれしいです。
e0060485_2336425.jpg
e0060485_23371065.jpg
 これがっ宮島や鞆なら、主役で写ることもなかったに違いない小片達ですが、右側は19世紀~幕末頃の線描きタイプ、左側もたぶん江戸モノだろうと思います。小さくても150年くらいはたっていると思うと、やはりうれしいものです。

これで今回の府中大川探訪記は終わりです。
[PR]
by touhen03 | 2007-11-29 23:47 | 広島市内の川