宮島の灯明具

 さて今年最後の記事を何にしようかと考え、漂着物学会・種子島大会とダブったためアップできなかった10月半ばの宮島行きの話で今年を締めくくることにしました。

e0060485_21432832.jpg
 10月16日のこの日は、トンボ玉作家で、旧石器の研究家のYさんと一緒でした。最近の宮島は数年前と比べると、陶片の量も1/10程度、質的にもあまり良いものが出にくくなっていますが、厳島神社の女神様たち、よほどYさんがお気に召したとみえ、この日は久しぶりに良いモノが出ました。これはYさんが拾われた灯明具です。写真だけ撮らせてもらいました。有田にある佐賀県立九州陶磁文化館の出している平成6年度特別企画展図録「よみがえる江戸の華ーくらしのなかのやきものー」にもほぼ同じものが出ています。それによると、19世紀、唐津系のタンコロのようです。碗の部分の中央に灯芯を立てる筒状のものがあります。宮島は灯明具のよく出てくる場所で、これまでにたくさん拾っていますが、これほど保存状態の良いものは珍しいです。
e0060485_21515895.jpg
e0060485_21525421.jpg
 横からの姿と底はこんな感じです。

e0060485_220135.jpg
 こちらは以前私が拾ったモノです。同じタイプだと思うのですが、しかしこの保存状態がちょっと悲しい・・・(^_^;)
e0060485_220541.jpg
 ほら、底もそっくりでしょ。来年は拾うぞ~!

e0060485_226498.jpg
e0060485_227221.jpg
 もう1つ、これもこの日Yさんが見つけた17世紀の青磁片です。これは私が頂いてしまいました。ありがとうございます。実はひと目見た時、私は言葉には出しませんでしたが、内心近代モノでは?と思ったのです。人工的な嫌な色に見えたのです。しかしYさん、さすがです。持ち帰りハイターに浸けて洗ってみると、美しい色になりました。灰だらけのシンデレラが輝くばかりのお姫様に変身!確かに、確かに17世紀の青磁だと思いました。自分の目がちょっと悲しかったです。(^^ゞ 

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。
[PR]
by touhen03 | 2007-12-30 22:43 | 宮島