瀬野川河川敷骨董市 2008年1月5日

 毎月第一土曜、日曜開催の瀬野川河川敷骨董市。フリマを兼ねた小さな市ですので、良いものがあるかどうかは、まったくの運次第。今回はどうかと言いますと・・・

e0060485_23525061.jpg
 おもしろいものを見つけました。国策木製画鋲、戦時中の金属代用品だろうと思います。箱の一部が破れていて、百個入りとありますが、残っている画鋲は少しだけです。でも、私はこれで十分です。
e0060485_23551746.jpg
 どこが国策かといいますと、ほら、画鋲の頭の部分が木製!薄い金属部分の上に木を貼り付けているようです。ささやかな日常品に過ぎない画鋲としては、ほらね、こんなに節約していますから、ちょこっと金属使っているのは見逃してね・・・とでも言いたいのでしょうか。ほんとうに、こんなもの、よく今まで残っていたものだと思います。
e0060485_001743.jpg
 しかも、これ、少年保護東成学園作業部と書かれています。ネットで検索しただけではわかりませんでした。少年保護とありますから、もしかしたら現在の少年院のような施設で作られたのでしょうか。もし違っていたら、すみません。何か知っておられる方がおられましたら教えてください。


九州の昭ちゃんさんから、同じトラヤの木製画鋲の資料を見せて頂きました。ありがとうございます。こちらは丸い箱に入っていました。私が買ったものより箱がしっかりした感じです。当時、けっこう広く流通していたのかもしれませんね。
[PR]
by touhen03 | 2008-01-10 00:05 | 骨董市・ガラクタ