宮島・陶片蔵は尽きたのか

e0060485_12341017.jpg
 今回の大潮は鞆へ行くつもりでしたが、午前中は耳鼻咽喉科へいくはめになり、午後から、近場の宮島へ行ってきました。季節も良くなってきましたので、大鳥居の干潟は観光客や潮干狩りの人達でいっぱいです。
e0060485_12431349.jpg
 しかし、陶片の方はほとんどありませんでした。5ヶ月ぶりの成果がこれだけです。宮島は陶片が出なくなりました。写真右側の薄茶色の破片、17世紀の京焼風陶器には裏に銘があり、これは少し嬉しいのですが、江戸時代のものは小さな破片ばかりです。以前はビニール袋が手に重く感じるほど陶片が出て、しかも宮島の場合、その多くが江戸時代までのものでした。目の眩むような陶片海岸が夢のようです。

かつての宮島一回分の質、量と比べてみてください。
 2005年4月 
 昔はこんなにたくさん拾えました。これでも1回分です。
 2006年5月
 以前に比べ減っていますが、これくらいは拾えました。 
 2006年9月 
 ある程度まとまった量出たのはこの時が最後でした。
[PR]
by touhen03 | 2008-03-23 15:25 | 宮島