宮島・干潟を覆う海藻

e0060485_15375043.jpg
 今回、宮島の干潟はアオサなどの海藻で覆いつくされていました。これは水質汚染のため、海水が富栄養化したためだそうです。宮島では毎年見られることで、特に珍しいことではないのですが、今年は少し早いのでは・・・?と思います。
e0060485_1546227.jpg
e0060485_1550826.jpg
e0060485_15545763.jpg
 大部分アオサなのですが、このタイプの海藻もよく見られました。ホンダワラの仲間でしょうか?しかし山陰の海岸などでよく見かけたホンダワラとは違う種類です。山陰の海岸のホンダワラより、実が柔らかく水っぽい感じです。

 実は陶片探しにとって、これは頭痛の種です。何しろこの下に何があっても見えません。足で寄せれば簡単に地面は出てきますが、こう広範囲ですときりが無いのです。今回極端に陶片が少なかったのには、これも確かに影響していると思います。ただし、以前なら地面が出ている場所からだけでも、確実におこぼれが出ていました。それに陶片の出るポイントは決まっていて、比較的海藻の覆われていない場所なのです。そして海藻の無い、干潟を流れる川の中にも、潮干狩りで掘り返された跡にも、陶片は出ていませんでした。
[PR]
by touhen03 | 2008-03-23 15:59 | 宮島