鹿の雲古 その2

e0060485_23134496.jpg
「ゴリラの鼻くそ」というお菓子を知っていますか。黒大豆の甘納豆で、甘みがきつくなくて美味しいので、私の大好物です。しかしこれ、実はそっくりなんです。ゴリラではなく、宮島の鹿のウ○コに。落ちてしばらくたった、やや干からびたモノに、大きさ、色、形、質感、どれをとっても瓜二つ。宮島の陶片を整理する時には、このお菓子がそばにないと、なんとなく物足りない気がします。ゴリラの鼻くそを一粒二粒口に放り込んでは、陶片を眺め、陶片を眺めては、またゴリラの鼻くそに手を伸ばす。潮の香りまで微かに混じった、渾然として複雑な通の味です。(有)岡伊三郎商店様、いっそ「ゴリラの鼻くそ」の姉妹品を作ってはどうでしょうね。黒大豆の甘納豆の方が似ているのですが、あえて鹿の可愛らしさをイメージして、小豆の甘納豆にし、名前は「鹿の雲古」でいかがでしょうか。宮島のお土産としても、もみじ饅頭に負けない人気商品となるはずです。贈答用に「ゴリラの鼻くそ」と「鹿の雲古」両方を詰め合わせた桐箱入りもございます。なーんて・・・
[PR]
by touhen03 | 2005-09-02 23:56 | 宮島